こーすけぽけのぺーじです。サイトのタイトルいいかんじのを募集しています。

赤髪の元気少年がすき

最近の更新(2018.5/23)

(5/23)投げ銭したい人向けのページを作っといた
(5/20)2018年の絵をいくつか追加しといた

オタク記事 使えそうな情報

SMバーに行ったときの話

投稿日:

こんにちは。こーすけぽけです。
このHP地味にサーバー代がかかっているので
訪問者を増やそうと思って記事を書いています。

よければ今まで出した同人誌も見てね。

 

さて、今日はTwitterアンケートで

オタク記事(性癖の話)が一番多かったので、

SMバー(フェティッシュバー)に行った時の話をしたいと思います。

大学生時代に友達と3回くらい行きました。

 

SMバー(フェティッシュバー)とは

超雑にいうと、SMが好きな人たちが集まって飲むところです。

店によっては鞭打ち体験や緊縛体験ができたりするのが

普通のバーとは違うところですね。

ハプニングバー(本番行為といったハプニングが起きるバー)とは違い

フェチに特化したバーで、単純にそういう性癖を持った人の社交場としての

場所であるため、本番行為やセクハラ行為といったものは禁止されています。

店のあちこちにSMちっくな道具とかあるので

そういうアンダーグラウンドな雰囲気を楽しめるバーってかんじで

考えてもらえればと思います。

女性一人じゃ危ないのでは…?

性癖の話をする場所なため、そう思われる方も多いでしょう。

しかし、社交場であること、男性客を呼ぶためにはやはり女性客がいた方が

集客効果があることから、お店は特に女性客を意識しています。

そのため、お店側は特に女性客を気にかけてくれていていますので

質問とか、ちょっとアレだなと思ったら店員さんに言えばOKです。

まぁでもぶっちゃけ、合コンでもないので

そんなめっちゃセクハラしてきたり、ウザいくらい話かけてくる

ってかんじの人もそうそういないので

(アブノーマルな社交場のため紳士の方が多い印象です)

(女王様目当ての人とかもいる)

そこまで身構えることはないかなと思います。

値段も、女性の場合は千円でドリンク飲み放題とか

無料で飲み放題とか、あと最近だと男性でも女装客は割引とかあるみたいなので

興味がある方はぜひ行ってみてくださいね。

何があるの

自分の行ったところは緊縛講習会や鞭打ち体験、

緊縛体験や緊縛ショーがあるところでした。

 

以下体験談

オタクの友人が「SMバーに行ってみたい」と言い出したのがきっかけでした。

フットワークが軽いオタクなので

「行くか~」と即答し、夜まで時間を潰した後に行くことに。

普段インキャクソオタクなのでそんなところに

行っても大丈夫なのか不安だったんですが

ヤバかったら後にネタになるしアド!

楽しかったらそれはそれでアド!ってかんじでした。

物は考えようなんでね。

結果から言うとめちゃくちゃ楽しかったので爆アドだったわけですね。勝ち。

 

店の前に来るとドミニオンの仮面舞踏会みたいな

装飾がしてあって、初めてというのもありビビり上がるオタク2人。

なんとかベルを鳴らして入ったら

際どい服を着た女王様に声をかけられて中にいれてもらいました。

この女王様の衣装を見て「なんかやべーところに来たな」

震え上がるオタクだったんですけど、

このときは開店したばっかで自分らが一番乗りだったため、

女王様にいろいろお話を聞くことができました。勝ち。

 

女王様「初めてなの?どうして来ようと思ったの?」

わたし・友人「なんか興味があって…」

女王様「え~wウケるw」

すき。

その後、オタクで同人誌描いてるからその参考にしたい~とか言ったら

女王様「え~じゃあSMの漫画とか描いてるんだ?」

ショタコンぼく「いや、ショタものですね…」

女王様「ショタものかぁ~少年メイドクーロくんとか?」

この女王様、デキる

女王様のスペックの高さを痛感するオタク2人。

 

鞭打ちとかやってみる?せっかくだしやりなよと女王様に言われ

たまたま来ていた常連客をさっそく四つん這いにさせる女王様。

そんな「ちょっと家でお茶飲んでく?」みたいなノリで客を四つん這いにさせられても…

とビビるオタクを後目に鞭打ちを始める女王様。

 

 

女王様「いい?ばら鞭はね、この部分にこうやって当ててから…」

女王様「こうッ!」パァンッ

常連客「アヒィンッ///」

 

女王様「こうやってスナップを利かせて、いいタイミングで…打つ!」パァンッ

常連客「アヒィンッ///」

(※実体験です。盛ってません。)

女王様「はい、やってみて。」

鞭を渡されるオタク。

 

わい「えっ、この初対面のお客さん相手にですか?」

女王様「えっ?当たり前でしょ?」

常連客「大丈夫!思いっきりやって!!」

冷静ぼく(何が大丈夫なんだ???)

女王様「距離はこのくらいで、思いっきりやらないと意味ないからね!」

冷静ぼく「えっ、痛かったらごめんなさい!すみませんっ!」パンッ

常連客「あうっ///」

友人「えっえっ、すみませんっ!」パァンッ

常連客「あぁっ///」

 

女王様「友人ちゃん、鞭打つの上手いね!」

常連客「いいかんじ!」

友人「なんか楽しくなってきた」

その後友人はめっちゃ楽しそうに何回も鞭打ちやってたので

完全に扉が開いたんだな~と思いながら眺めていました。

自分もその後何回か鞭打ちを練習するうちに

いい具合に鞭打ちができるようになりました。

女王様直伝の鞭打ちなので自信があります。

 

わたし「あのさ、」

友人「うん」

わたし「せっかくSMバーに来たんだから叩かれるのも体験したくない?」

友人「それはない」

わたし「かなしいなあ……」

女王様「え?何?叩かれてみたいの?いいよ」

というので、叩かれる方も体験しました。

 

女王様「いっくよ~」パァンッ

わい「!?」

痛くない

派手な音とは裏腹に、心地いいくらいの衝撃。

筋肉痛を揉み解してるときや、ストレッチをする時、

マッサージをしているときに感じる痛さに近い。

そう、鞭は…上手い人がやると全く痛くないのだ。

(ちなみに叩く部分は初心者なので脂肪や肉がたくさん集まっている大殿筋付近、

それより上でも下でも骨に響いてめちゃくちゃ痛いのでオススメしません。)

バラ鞭は力が分散されるので初心者用の鞭として使われるんですが

(音は派手だが痛みが少ない)

せっかくなので一本鞭と乗馬鞭とスパンキングラケットも使ってやってみたんですが、

上手い人がやると痛くないんですよ。

一本鞭や乗馬鞭は使い方間違えるとガチで大怪我するんですが、

上手い人は鞭の撓り方を熟知している。

鞭の撓りと身体に叩きつける衝撃の強さ、そして打ち付ける位置

これが完璧に揃っていて初めて心地の良い鞭打ちができるんです。

別のSMバーに行った時鞭打ち初心者にバラ鞭で殴ってもらった時は

ふつうに痛かった。

鈍い音でわけわからんところにてきとうに打ち付ける鞭打ちは最悪なので

出直してきて欲しい。やみくもに叩けばいいってもんじゃねえぞ。

あと、鞭は自分で叩いてみるとわかるんですが、

自分の手に馴染む鞭とそうじゃない鞭っていうのがあります。

自分は膝付いて近距離から叩く短い鞭の方が扱いやすかったですね。

友人は長い鞭で上から振り下ろす鞭が使いやすかったようです。

あと、実際叩かれるとわかるんですが、鞭打ちは上手い人は本当に上手いし

鞭打ちが上手い女王様にわざわざ殴られに行く人の心理はとてもよくわかります。

鞭打ちは技術なのです

このおかげで

「鞭打ちが上手い人と下手な人を見破ることが出来る」

という特技を身に着けたんですが、今のところ役に立ったことはないです。

 

 

緊縛の話もしたかったんですが、長くなりそうなので

また別の機会に話します。

この記事を読んで鞭打ちに興味を持った方、

ぜひSMバーに足を運んでみて鞭を体験してみてくださいね。

SMは芸術・技術の上で成り立っている高度な性癖なのです。

ただマニアックなだけではない、奥の深い世界なので

ぜひ興味があればSMへの扉を叩いてみてください。

 

おしまい。

■送料無料■女王様の鞭■ムチ■SMプレイ■グッズ■4カラー■

価格:510円
(2018/4/13 21:44時点)
感想(2件)

【ボードゲーム】ドミニオン:第二版 日本語版 【新品】

価格:4,860円
(2018/4/13 21:47時点)
感想(0件)

よければ今まで出した同人誌も見てね。

0 拍手

-オタク記事, 使えそうな情報

Copyright© 赤髪の元気少年がすき , 2018 All Rights Reserved Powered by STINGER.