漫画描いてるオタクがどうでもいいこと書いてます。

赤髪の元気少年がすき

最近の更新(2019.8/31)

(8/31)「今まで出した同人誌」に新刊を追加した
(6/14)2019年の成人向け、全年齢向けのイラストをめっちゃ追加しといた
(4/21)漫画に使えそうな背景素材写真の項目を作ったよ

次回イベント参加は11月24日のコミティアです。まだ当落わかっていません。

オタク記事 使えそうな情報

博物ふぇすに行ってきた話

投稿日:

こんにちは。こーすけぽけです。

このHP地味にサーバー代がかかっているので

訪問者を増やそうと思って記事を書いています。

よければ今まで出した同人誌も見てね。

今まで出した同人誌まとめ

(ここまでコピペ)

 

こんにちは。こーすけぽけです。

先日行われた博物ふぇすに行ってきたので

感想と買ったもの自慢をします。

 

博物ふぇすとは

めんどくさいのでここ見てください

https://www.hakubutufes.info/

コミティアとかデザフェスとか、あれに近い本やグッズが

「科学」や「理科」や「化学」や「考古学」に特化してるイメージです。

かつて学研で小学生向けに「科学」と「学習」という雑誌が刊行されていたんですが

ああいうのが好きなタイプの人にはたまらないと思います。

小学館の図鑑NEOとか読むのが好きなオタクとかは絶対好きです。

上野にある国立科学博物館の恐竜展だとか深海展だとかに

ウッキウキで行くオタクは絶対オススメ。

 

感想

実は自分もこのイベントを知ったのが去年で

コミティアやらハンドメイドマルシェやらでホクホクしていたら

友達に「博物ふぇすがあるよ~」と教えてもらったのがきっかけでした。

「多分こういう系好きだと思うんですけど…」

と戦利品と普段のツイートからインスピレーションを感じて教えてくれた友人に感謝です。

結論から言うと行って良かったです。

 

会場は九段下にある科学技術館でした。

九段下駅からちょっと歩くのと九段下周辺にはあまり飲食店がないので

そこだけネックかなといった感じです。

まあオタクは国際展示場に慣れてるし余裕でしょう。

 

会場に着いたのはお昼頃なのですが

とにかく人がめちゃくちゃ多かったですね。

オタク向けイベントとかだと昼過ぎは閑散とするイメージなんですが

博物ふぇすは疲れ知らずですごかったです。

何より子連れファミリーが多かったのが印象的でした。

休日の動物園や水族館にいるタイプの客層が多いのかな?というイメージです。

展示はどれもこれも魅力的で目移りしてしまうんですが

人が多いのであんまりじっくり見られず…。

各スペースごとに「ガクモン」という簡単なパネル説明みたいなのがあって

それが結構凝っているし「よくここまで調べたなぁ…」っていうのも

あるんですがいかんせん人が多くてじっくり見られなかったのが心残りですね…。

 

博物ふぇすはTwitterのアカウントが展示ブースのアカウントや宣伝ツイートを

RTしてくれるのでどんなものがあるのかわかりやすいので

フォローした方がいいと思います。

今回は初参加でまんべんなくみるつもりだったのですが

人の多さが予想以上でサークルチェックをしなかったのは

完全にプレイングミスでしたね。読みが甘かった。

 

オタクの脳内を覗くのが好きなんですが

やっぱりパッと見グッズ系が多かったですね。

シャチや天体や水族館的なものでなにかこう冊子というか

オタクがひたすらオタク知識を語る本みたいなのがあれば欲しかったんですが

サークルチェックを甘えたりあまりじっくりスペースを見られなかったので

それっぽいのが見つからなかったのが心残りですね…。

あれだけブースがあればいくつかありそうなのに…。

(ガクモンでかなり満足できるところはある)

次回参加する際はサークルチェック甘えません。

 

とにかく賑やかで展示もどれも魅力的で

予算が全く足りませんでした。

ほんとによかったです。

 

買ったもの自慢

さて、以下は買ったものの自慢です。

カニのペンホルダーです。

サークルさんはこちら

以前Twitterでバズっていたのでご存知の人も

多いのではないでしょうか。

見てくださいこの愛くるしさ。

めちゃくちゃ健気でかわいくないですか?

これの一番好きなところは見た目のかわいさもなんですが

裏面もしっかり作り込んであるところですね。

このリアルさがまたたまらんのです。かわいい。

 

ウミウシのペンダントです。

サークルさんはこちら

見てこのかわいさ。

ペンダントとかこういう立体的でかわいいやつが本当に好きです。

ウミウシはアオウミウシが一番好きだったのでこれにしました。かわいい。

このデフォルメ感が好きですね。

 

金魚鉢のペンダントです。

サークルはこちら

これクオリティが高いしかわいいしかわいい。

博物ふぇすで会った友達が当日これをつけていて

「それめっちゃかわいくないですか!?」

って言ったらなんとそのサークルさんが参加しているとのことで。

案内してもらってゲットできました。

大きくて目立つしすごくかわいい。

夏を感じさせながらどことなく涼しく懐かしい雰囲気を醸し出していて

これはたまらんですね。とてもいい。

 

 

シャチのイヤリングです。

サークルさんはこちら

シャチのグッズがめっちゃほしかったのでよかったです。

シンプルかつシャチの丸っこいフォルムがちゃんと再現されていて

とてもかわいいですね。

このサークルさんはシャチ以外にもいろいろなグッズを作っていて

ミジンコとかヌタウナギとかアオミノウミウシとかメジャーなものからマイナーなものまで

たくさん作っていて圧巻でした…。すごい。

これはすごい…流石博物ふぇす…と思いました。

クリオネに至ってはバッカルコーンもあるのがこだわりを感じますね。

 

サメのTシャツです。

サークルさんはこちら

デフォルメされたサメがめちゃくちゃかわいい。

しかも一概にサメといってもたくさん種類があって

それをちゃんとかわいく描き分けているのが最高ですね。

サイクリング用に汗が乾きやすそうなTシャツがほしかったので

買ってよかったです。

一番の推しザメはトラフザメとジンベエザメなんですが

ジンベエとシロワニがかわいく描いてあって汗が乾きやすそうだったのでこれに。

推しザメが描いてあるTシャツは嬉しいですね。

 

他にもほしいものはたくさんあったのですが

予算の都合上これ以上買うことができず…。

あとこれも欲しかったのですが売切れていましたね…。

(通販で買った)

世界で一番美しい シャチ図鑑 絶景・秘境に息づく (ネイチャー・ミュージアム) [ 水口 博也 ]

価格:2,700円
(2019/7/24 08:50時点)
感想(0件)

図鑑系をもっといろいろ買いそろえたかった…。

 

あとはやっぱりどのブースもラインナップのガチっぷりがすごかったです。

細部へのこだわりや種類ごとにグッズがあったり

ひとつの生物に特化していたり、星座早見表の描いてあるお皿とか

太陽系をモチーフにしたネックレス、食虫植物のグッズ、

放散虫に特化したブースもあれば化学式や分子構造をモチーフにしたグッズ、

地表の作りなどを細かく説明してるブースとか前方後円墳のぬいぐるみとか

ブースを見ているだけで楽しかったです。

 

ということで今回は博物ふぇすに行ってきた話でした。

自分も水族館ぬい撮り写真集とかシャチやサメのグッズとかTシャツとか

作ってみたいですね…。需要があるかはともかくとして……。

 

 

おしまい。

 

お題箱を設置しました。↓

同人誌や記事の感想、悪口や文句や誉め言葉や要望、

記事にしてほしいネタなどあればこちらにどうぞ。

匿名なので誰が送ったのかわからないので安心してね。

お題箱

 

以下お題箱コメントの返信

(試験的にここでやってみる方式でしばらくやると思います)

今回はなし

5

-オタク記事, 使えそうな情報

Copyright© 赤髪の元気少年がすき , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.